• タイ政府は移転価格ルールを強化
記事:

タイ政府は移転価格ルールを強化

17 May 2019

移転価格税制の導入は、タイにおける移転価格法案の策定に向けた重要な一歩となります。

国際的な動向と整合するためのタイ政府の真剣な取り組みを反映して、新しい移転価格税制がタイの歳入法に導入されました。

 

新しい法律

  1. 移転価格ルールと救済措置の成文化
  2. 移転価格文書の用意の義務化
  3. 特定の納税者に対する関連当事者間取引の報告を義務付ける。
  4. 移転価格について調整する権限を税務署職員へ付与する。
  5. 違反に対する罰則制度

 

背景

タイ国歳入法はすでに65条2項(4)に明示的な規定があり、すべての納税者は取引を行う中で市場価格に従うことを要求しています。新しく制定された移転価格税制は、歳入法にアームズレングスについての主義を成文化して、関連会社間取引のアームズレングスから外れている取引について、その収入又は費用の調整を強要する権限を税務署職員に与えています。

 

対応について

関連会社間取引を行っている納税者は、その業務または取り決めがアームズレングスの原則に基づいて実行されていることを要求されています。納税者は自らの関連当事間取引のアームズレングスの正当性を実証する移転価格文書を準備する必要があります。

さらに、法律では、所定の限度額を超える納税者(後日、閣僚規則により規定されるが200百万バーツ以上)を特定の納税者に、それらの関連当事者取引の報告を法人税申告書とともに歳入局に提出するよう義務付けています。

 

コンプライアンス違反について

法律は、課税所得や課税所得を計算するための独立した当事者であるかのように、企業または登録パートナーシップの収入または支出を、受け取る収入または支払うべき支出の金額に調整する権限を与えます。

さらに、正当な理由なしに所定の期間内に必要な移転価格開示フォームを提出しなかったり、不正確な情報を提供したりすると、200,000バーツを超えない範囲で罰金が科せられる可能性があります。

 

新法の施行について

新しい規則は、2019年1月1日以降に開始する会計期間に適用されます。

 

今後の動向について

新しい規則の解釈と実際的適用に関するガイダンスは、依然としてタイ歳入局によって発行される必要があり、それは比較可能性分析、独立企業間取引の範囲の決定、特別な取引の条件の検討などの事項をカバーすると期待できます。

OECDの税源浸食と利益移転に関する包括的枠組み(BEPS)に参加して以来、タイは、3段階の移転価格文書化構造を義務付けるBEPS行動計画13の適用を含む、BEPSパッケージの4つの最低基準を実施することを約束しました。国別レポート(CbCR)、マスターファイルおよびローカルファイル)。移転価格税制が制定されたことで、CbCRとマスターファイルの規制が間もなく実施されると予想されます。

潜在的なリスク領域を積極的に特定し、是正措置を取るために、関連する当事者間取引を行うタイのすべての企業は、その規模に関係なく、移転価格方針の評価を開始する必要があります。